スキンケア

スキンケアの正しいやり方を知って差を付けよう!!

 

 

 

スキンケアの中には、

 

・ラインで使うスキンケア

 

・オールインワンで済むスキンケア

 

N organic(エヌオーガニック)のように、
ローションとセラムの2本で済むものと色々ありますが、
スキンケアとは何なのかを考えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

スキンケアの正しい使い方

 

 

 

スキンケアとは、すこやかな素肌を保つため肌を清潔にして
化粧水や乳液などの基礎化粧品を使用し、
肌を乾燥から守り、肌荒れを防ぐ事を言います。

 

 

では、何故皆さんがスキンケアをしているのかと言いますと、

 

・肌が乾燥してきた
・シワが目立ってきた、

 

シミが気になる、などの何らかの
自覚症状がある為に始めた方が殆どだと思います。

 

 

そこで、正しいスキンケアの事を知らないと、
健やかな肌を保つ事は出来ませんし、

 

N organic(エヌオーガニック)のような高品質の物を使っても、
効果を十分に引き出せない、と言う事にもなりかねないのです。

 

 

 

 

 

クレンジングを使う時に気を付ける事

 

*クレンジングの目的はメイクなどの油性の汚れを落とすことなので、
メイクの濃さや肌状態・メイクの状態に合わせて使い分けをする事が大切です。

 

 

クレンジングを行う時は適切な量を使い、
皮膚を引っ張らないようにやさしく落としていきましょう。

 

 

また、クレンジング材をしっかり洗い流すことは大切ですが、
ゴシゴシこすりすぎると肌に負担がかかるので優しく洗うように気を付けましょう。

 

 

 

洗顔時気を付ける事

 

洗顔は泡でと言いますが、
その泡は逆さまにしても落ちないくらいの泡を作って、
泡で洗うように優しく洗いましょう。

 

 

せっかく泡立てても、
その泡でゴシゴシこするように洗っては意味がありませんので、
手が触れないような感覚で洗う事が大切になります。

 

 

すすぐお湯の温度は熱すぎると乾燥の原因になりますので、
ぬるま湯(30〜35度)で洗い流すように気を付けましょう。

 

 

また、すすぎ残しが多いのが
髪の生え際なので意識して洗い流すようにしてください。

 

 

顔をふくタオルも毎回新しいタオルにして、
肌に軽く充てる様にして拭き取るようにしましょう。

 

 

 

化粧水の使い方のポイント

 

洗顔後は、乾燥しやすいので、なるべく早く化粧水を付ける様にしましょう。
化粧水を付ける事で、次に使う美容液などの成分が浸透しやすくなります。

 

 

 

 

美容液の使い方のポイント

 

美容液は、高濃度な美容成分が凝縮されて配合されているため、
肌にすりこんだりすると、肌を傷つけてしまうことがありますので、
両手のひらに広げ、押さえるようにしてなじませます。

 

 

額や小鼻などは皮脂が多いので、
手のひらや指の腹で押さえ、
目の周りやフェイスラインも、手のひらや腹の指でなじませます。

 

 

乾燥が激しい部位には重ね付けをすると効果が出ます。

 

 

 

 

乳液・クリームの使い方のポイント

 

肌の乾燥の度合いで使い分けする事が大切です。

 

肌の水分が逃げないように膜を張って
乾燥から肌を守ってくれますが、過剰な油分になると肌に負担がかかります。

 

 

Tゾーンは、皮脂が多い部分で、
目元や口元は乾燥しやすい部位でもあるので、
季節や肌の状態で使い方や量の調整をする事が大切になります。

 

 

 

☆まとめ☆彡

 

*全てにおいて言える事は、肌は刺激に弱いので、
スキンケアをする時は、優しく行う事です。

 

 

ですからラインで使えば、その分刺激を与える回数も増えますが、
N organic(エヌオーガニック)の様に2つのスキンケアで済めば、
肌に何度も刺激を与えないで済みますので理想的と言えますね♪

 

 

 

 

>>N organic(エヌオーガニック)ならコチラ!!